読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と太陽と星と水瓶と

飛鳥井誠一のお仕事や近況です。略歴はこちら> http://profile.hatena.ne.jp/A-sky/

5インチデレステ向けスマホとは何だろうか

なんだかんだで昨年10月くらいからアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(正式タイトル長っ 通称デレステ)を始めて続けているのですが、2月に端末を切り替えそれまでZenFone5だったのがZenFoneZoomに変わりスペックアゲアゲの快適プレイを期待した所、それと前後してデレステのプレイするLiveランクもRegularからPro~Masterに上がったのもあるのでしょうが発熱が酷くMasterクラスの曲を3回連続プレイするとほぼ確実にサーマルスロットルが発動する為、難儀しております。

 

こうしてみるとZenFone5ってすごくバランスのいい端末だったのがわかります。

Snapdragon400番台の1.2Ghzクワッドコアで今ではローエンドに見られがちですがスマホゲーはAdernoへ最適化されているみたいですしAndroid4.4との噛み合わせもよかったのでしょう。ZenFone5でデレステプレイしている時の方が熱に悩まされることもなくストレス少なくプレイできていました。

 

まあ、ZenFoneZoomはSIMフリーとはいえ、カメラが光学ズーム対応だったりマニュアルモード豊富だったり(これでRAW対応なら最強だった)Androidスマホで唯一のIntel搭載の孤高の存在で面白く高額な端末なのでそうそう買い替えも貧乏人にはできないのですがちょっと浮気したくなるのも人情というもの

 

個人的な要件としては

・持ち易いほぼ5インチであること(ZenFoneZoomは5.5インチで持ち辛い)

デレステが熱ダレすることなく3D標準モードでLiveGroove回せること

・満月がしっかり写せる位のカメラが付いていること

・お値段そこそこのSIMフリー

となると国内正規流通のキャリアスマホは論外なので必然的にSIMフリー機か直輸入ものになるわけですが、ファーウェイ系のCPUであるKirinはオクタコアだろうがデレステが2Dモードでしか起動できないので却下。Snapdragonもミッドレンジ向けの617はZenFone5に積んでたクワッドのストレッチ版みたいなもので3D軽量モードまでという結果しか見つからないので却下。となるとSIMフリー機で探すのは骨が折れる事に。

そんな所にソニーの海外向けXperiaMediatek HelioP10なるSocを積んだ5インチ機が有るというのをみて調べてみましたよ。

japanese.engadget.com

ほほう・・・・・・

で、P10はオクタコア2GHz、GPUはARMのMali T860P2とな

Snapdragonもまあ、ARMライセンスだしいけそう?

 

Mediatek Helio P10 MT6755 SoC Benchmarks - NotebookCheck.net Tech

 

しかし、スマホゲーの多くはあくまでAdernoGPUにフォーカスしているので余程でないと動かない。Z3580が非Qualcommなのにデレステ3D標準動く方が凄いわけでして・・・・・・しかし、IntelはモバイルSocから撤退するし

とにかくAtomZ3580に積んでるのと同じ位のGPUが有ればなんとかなるか

Z3580>PowerVR G6430

Mali T860P2>PowerVR 6Series 2コア 700Mhz(恐らくGX6240か6250)

後継コアっぽいし期待できるか!?

 

そこで見つけた P10 ベンチ デレステ でヒットしたBlog

Meizu m3 noteのレビュー!電池持ちはピカイチでMeizu製スマートフォン入門機として最適! 

XAと同じSocを積んだ中華スマホのレビューを見つけwkwkして見てみました

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・

ミナカッタコトニシヨウ

 

アカンやんこれ。

Kirinと変わらん。

 

どうも大人しくSnapdragon積んだのを待てということのようでそこに

 

pc.watch.impress.co.jp

ZenFoneZoomと同じ5.5インチモデルばかりでアウトオブ眼中だった3がここに来て5.2インチ版リリース追加。しかもGPUが最新コアAderno506搭載のSnapdragon625であるなら選ぶしかないかなと

 

個人的にはHTCとかにも頑張ってほしいんだけどな・・・・・・ハア